今日から神宮でカープ戦です。

先発はヤクルトが高梨,カープが九里です。

前のカードの中日戦では勝てませんでした。

なので,ここで勝って,カードの最初を取りたいです。

高梨は,ここ最近の先発好投の波に乗れるでしょうか?


初回,高梨は長野にヒットを打たれるものの,無失点でスタートします。

2回もピンチを作りながら,ここも無失点で乗り切ります。

その裏,山崎エスコバーがヒットを放ち,チャンスで西田が打者です。

次が投手なので,絶対に西田で取りたいところです。

西田は2ベースを放ち,スワローズが2点先制します。

「ここは絶対に・・・」というところで,西田が期待に応えたのです。


3回裏,先頭の塩見がヒットを放ち,盗塁を決めました。

村上が四球,山崎がヒットを放ち,1アウト満塁となります。

しかし,ここは相手に抑えられました。

4回,西田が2本目の2ベースを放ち,高梨が送ります。

ここで坂口がタイムリーヒットを放ちます。

これでスワローズが3-0でリードし,試合の主導権を握ります。


高梨は,毎回ヒットを打たれます。

4,5回は先頭打者にヒットを打たれます。

それでも最後は無失点で終えることを,6回まで続けたのです。

無失点でQSとなったのです。

ここまででは,先発投手好投の波に乗れていることになります。


そして,HQSをかけて7回もマウンドに行きます。

この時点で100球となっていたものの,続投を決断しました。

果たして,この決断がどう出るのでしょうか?

先頭を抑えるものの,代打大盛と西川にヒットを打たれます。

それでも代打ピレラを打ち取ります。

次に長野というところで,2番手マクガフを出します。

あと1アウトで投げ切るところで交代を決断したのです。

長野に同点3ランホームランを打たれました。

この時点で,高梨はQSとなったものの,勝ち投手はなくなりました。

またしても,先発投手が頑張っても勝ち投手になれないという結果となりました。


その裏,塩見が2アウトからヒットを放ち,またしても盗塁を決めました。

再び一軍に来てから,積極的なプレーが出ています。

好不調が激しい気もします。

青木が四球,村上敬遠で,2アウトながら満塁となります。

ただ,山崎は三振に終わりました。


8回,3番手清水が行きます。

セットアッパーで抑えて,勝利につなげたいところです。

ところが,2者連続ヒットを打たれます。

1アウトを取ったものの,広輔に3ランホームランを打たれます。


9回は4番手大下が行きます。

先頭を四球で出したものの,ゲッツーなどで3人で攻撃を終わらせました。

まだ,防御率は0点のままです。

ただ,スワローズも9回はフランスアに抑えられました。

6-3でスワローズの敗北です。


今日の試合,何故負けてしまったんですかね・・・

誰も悪くないんですかね・・・

今日は試合を見ていません。

2本のホームランは,西田のリードが甘かったのか,投手が不用意に投げていたのか・・・

そうしたことは分かりません。

高梨の続投やマクガフへの交代については,どうとも言いません。

失敗すれば「裏目に出た」となりますし,成功すれば「ナイス決断」となります。

高梨は6回まで踏ん張りましたし,マクガフも責任はまたしも感じているはずです。

清水も初めて本格的に投げる中で,セットアッパーを務めています。

西田は今日2ベースを2本放ち,先制点も取りました。


こう考えますと,誰も悪くないんですかね・・・

そう考えてしまうと,何故負けたのかが分かりにくくなるのです…

まぁ,カープが上手いタイミングでホームランを2本打ったということです。

リリーフ投手が良かったというのもあります。

何が悪いのかが分かりにくいです…

それだけに,どうももどかしくも感じるのです。


「勝てる試合を落とした」なのか,「負けて然るべき」なのか…

良いところとしては,坂口が初回に盗塁を決めたこと。

塩見も2盗塁決めたので,隙を見つけて機動力を活かす姿勢は持っていると分かりました。

村上もヒットを放ったものの,最近要所で敬遠されることが多いです。

5番打者がまだまだ実力不足ということですかね…

考えても考えても,全然何なのかが見えにくいのです…

もしも試合を見ていたら,また違う何かが分かっていたのかもしれません。


ただ,今日Twitterで書いたことが,最終的に私が言いたいことなのかもしれません。

逆転されようとも,相手がどのような手を打っても,それは関係ないのです。

とにかく勝ちたい。

何が何でも勝ちたい。


ホンマに,非常にシンプルなことです。

そういうし姿勢だから,このように書いているのかもしれないと思っています。


明日も神宮でカープ戦です。

先発はヤクルトが大西,カープが野村です。

開幕一軍に入っていた大西が再昇格し,プロ初先発となります。

開幕カードの中日戦で登板し,1イニング投げて無失点でした。

あれからどれだけ進化を見せるのでしょうか?

まだ勝利をつかんでないものの,同じくルーキー大喜が奮闘しています。

大西も続くことができるでしょうか?

明日はTVで観戦予定です。

観ることで,書く内容も変わってくるでしょうか?


とりあえず,高梨も先発好投の流れに乗ったところがあると思います。

結果としてはQSとなりましたから。

さぁ,この流れで大西はプロ初勝利をつかむことができるでしょうか?


NEVER STOP 突き進め!

Go Go Swallows!!



最後までご覧いただき,ありがとうございます。

ご意見ございましたら,是非当ブログでもツイッターでもコメントお待ちしております。

ツイッターのフォローもよろしくお願い致します。


それでは,またのお越しをお待ちしております。


皆さんに,新たな発見が見つかりますように・・・ ・・・。